BLUE-Z

021

BLUE-Zのバッグの素材は、ウインドサーフィンとヨットの帆、そしてハンググライダーの翼に使われる生地「セイルクロス」。メインには、使い込まれ役目を終えたユーズドセイルが用いれています。そのほかにも、プレーヤーや関係者との交流から集まってくる希少なデッドストックのセイルクロス、船体・機体を操るためセイルに取り付けられていたメタル製・樹脂製の装備品やロープ、さらには本格的なクライミングで実際に使用されたザイルなども素材として加わっています。
数メートルから数十メートルもなるセイルの複雑で頑健な縫い目をほどき解体、洗浄するところからBLUE-Zのバッグ作りは始まります。多大な労力と時間を要するこの作業こそが、最も大切なプロセスのひとつなのだそうです。バッグをデザインするときは、まずセイルを見て、仕上がったときに経年変化の表情が最も活きるパターン取りと配色を考え、ひとつひとつデザインしています。新品のときには均一のコンディションだったセイルクロスも、部位や使用年数によって柔らかさや色味や質感が異なってくるので、必要に応じた補強や洗浄を施し、縫い方を調整しています。
セイルにはさみを入れるときは、いつも緊張とプレッシャーが伴うとか。素材にふさわしいだけのものに仕上げようとすれば、デザイン、裁断、縫製、すべての工程に手間がかかっても当たり前。妥協せず、納得のいくまで丁寧な仕事を続ける。こうして作られたものがBLUE-Zバッグなのです。

− − −
こちらの商品は不定期入荷となっております。

2015-06-19 | Posted in zakkaNo Comments » 

Related Posts