ギャッベ|草木染め

019

ゾランヴァリ社の色鮮やかなギャッベは天然染料で染められています。ギャッベの基本カラーは、赤、緑、黄、茶、青の5色。広大な国土で収穫される豊富な天然染料と風土、徹底された管理が、化学染料のような色褪せを防ぎます。また、草木染めは防虫の効果もあります。

茜色
ローナス(茜)という植物の根っこが原料。
直径1mもある石臼で熱を発生させないためにゆっくりと挽いた微粉末が、最高の色を出す。

黄色
主にザクロの実の皮とジャシールという野生の草が原料。
少量のローナスが深みのある色合いを出している。

緑色
2度染めが必要だが、その分バリエーション豊かな緑色が生まれる。
最初にジャシールとザージュで淡い黄色にし、それにインディゴを加えて緑色に。

茶色
主にクルミの実の緑色の皮の部分が原料。
濃い茶色は、クルミ、ザクロ、ローナス、ザージュの組み合わせから。

青色
インディゴが原料。これだけは、ドイツから輸入したもの。
染めている時は緑色、空気に触れさせると美しい青色に変化する。

2015-04-10 | Posted in gabbehNo Comments » 

Related Posts