KINO5108(キノコトバ)

010_1

010_2

010_3

自然豊かに見える糸島の山も、人の手入れが行き届かず荒廃が進んでいます。その原因は、木材価格の下落や、灯油やガス、電気の普及、所有者の高齢化や世代交代などにあります。森に立ち並ぶ木々は杉やヒノキの人工林。そのままにしておくと、木は細く高く成長し、太陽の光が地面に届かず土壌が弱くなり、大雨による土砂災害にもつながります。そのため間伐を行い、森に光を差し込ませて木を太く成長させる必要があります。杉やヒノキを活用することで、森の手入れをする人を確保でき、森が生き返るきっかけとなる「森と生きるプロジェクト」をもとに作られたKINO5108(キノコトバ)。アルファベットや数字を組み合わせたり、ひとつだけ置いてみたり。マグネットを付けたり、積み木にしたり…と色々な使い方で楽しんでみてください。私たちも森と生きるお手伝いが少しでもできればと思っています。

− − −

森と生きるプロジェクト

杉やヒノキの人工林は間伐をしないとその生命力を失い、適度に使ってあげないと健全に保たれません。
杉やヒノキを活用することで、森の手入れをする人を確保でき、森が生き返るきっかけになります。
森の恩恵を受けている私たちが「支え合い」の輪の中に戻り自然の循環の一部に戻るためにできること。
小さな事でも、楽しみながら森と生きるアクションを今。

− − −
1ピース ¥350+税
オンラインストアでもご購入できます。

2014-11-04 | Posted in zakkaNo Comments » 

Related Posts