ギャッベ|ZOLLANVARI社

008_1

008_2

イラン南部のザグロス山脈近郊で遊牧生活を送るカシュガイ族の女性たちが、自然の中で育んだ感性と家族の幸せを願う模様を織り込んだ絨毯。それがギャッベです。遊牧民の飼う羊は、冬の雨の恵みで育った草を食べ、豊かな羊毛を蓄えます。春毛は細く柔らかで長く、油分も多く含んだ上質な羊毛。それを手で紡いで糸にします。1本1本手作業で、結んでは切り、結んでは切りの繰り返し。下絵なしで織り進められます。織り機の上が遊び場になる赤ちゃんたちは、自然と部族が伝承する柄を覚え、感性を磨き育っていきます。木は生命を表し、四角は井戸、ジグザグは水の流れなど、文様はそれぞれ意味をもち、自然界にあるさまざまな物、さまざまな色が、1枚の絨毯に織られていきます。ほかの工業製品にはない、温かさ、手作りならではの風合いを感じられるのがギャッベの魅力です。

008_3

ギャッベの世界的ブームの礎を築いたのは、イランの絨毯商ゴラムレザ・ゾランヴァリ。彼のことをカシュガイ族の人々は「ギャッベの育ての親」と親しみと尊敬をこめて呼んでいます。現在、一般的に入手できる新しいギャッベで最高品質のものは、ゾランヴァリ社のギャッベです。上質な春毛しか使用せず、手紡ぎした糸の強度や風合いなど、いくつものテストに合格したい糸だけを、大釜で何時間も煮て染め上げ、水洗いし、青空の下照りつける直射日光に当て乾燥させます。いつまでも色落ちをしないといわれるゾランヴァリのギャッベは、イランの広大な国土で収穫される天然染料と風土、そして徹底した品質管理によるもの。長い歴史の中で、カシュガイ族が草木染めを全くしなくなった時期があり、1950年代にはほとんどのギャッベが化学染料を使った糸で織られていたといわれています。この流れを断ち切り草木染めを復活させたのがゾランヴァリ。そんな彼の商品価値を高める努力と知恵によって、ギャッベは世界中にそのファンを広げることになったのです。

− − −
春と秋の年2回、ゾランヴァリ社のギャッベ展を開催しています。

2014-10-15 | Posted in gabbehNo Comments » 

Related Posts