BLUE-Zのこだわり

20140626_1

BLUE-Zのバッグは、使用済みのオールドセイル以外にも沢山のこだわりが詰まっています。
船体・機体を操るためセイルに取付けられていたメタル製・樹脂製の装飾品やロープ、プレイヤーや関係者との交流から集まってくる希少なデッドストックのセイルクロス、さらには本格的なクライミングで実際に使用されたザイルなども、素材として加わっています。

20140626_2

持ち手やショルダーに使われている平テープは、国産の高品質な厚口ナイロンテープを使用し、わざわざ特注色(ネイビー)に染めてもらっています。触ると分かりますが、手や肩へのあたりがやさしく、適度なすべりの良さが特徴です。

ロープはイギリス及びオーストリアのメーカーによる、ワールドクラスのヨットロープを使用しています。採用している理由は、強靭であり、扱いやすく(しっかり結べて容易にほどける)、実用ギアならではの表情とのこと。

20140626_3

バッグ本体の口回りに施したコードパイピングは、細引きのヨット用ロープです。これはヨットセイルのメイキングにヒントを得たもので、単に外見上のアクセントというだけでなく、バッグ口回りの張りを保つ役割も果たしています。

20140626_4

タグはセイルクロスに1枚1枚スタンプを押し、手作業で熱裁断して作っています。ジグザグステッチを多用しているのは、セイルクロスの縫製に最も適した、強度の高い縫い方だからだそうです。ハンググライダーやヨットのセイルもジグザグステッチで縫製されています。

他にも色々なこだわりがありますが、それはご来店のときにお話ししますね。

− − −
BLUE-Z(ブルース)バッグ展
6/21(Sat)〜7/21(Mon)

2014-06-26 | Posted in お知らせNo Comments » 

Related Posts

Comment





Comment