キッズデスクのバトンタッチ

どうしても使う事がなくなったので、分かる方に売って欲しいと、
昨年のご来店時にご相談を頂き、秋に引取りに伺いました。

北の住まい設計社のキッズデスク。
15年前、私がこの道に進むと決めた年に販売したものです。
(12年前と思っていましたがそれはスタディデスクでした)

デスクワーク中心の仕事からこの道に進み、
無垢材の家具の重さに四苦八苦していた記憶がよみがえりました。
それから間もなくこのデスクは廃番となりました。

久しぶりに見るキッズデスク、やっぱりいいですね。
あまり売りたくない思いもありまして、価格は表に置かず数ヶ月。
先日ご来店のお客様にとうとう見つかってしまいました(笑)

見るからに大事に使われたと分かるデスク、
チェアに付いた青はジーンズかな?とか、
このキズはこういう時のものかな?とか、
色々想像しながら、楽しくメンテナンスさせて頂きました。

納品の前日、
このデスクでお子さんが沢山勉強をした事、
お渡ししていただく子もこの机と共に
ステキな成長をされたらいいなと願っております。
とご連絡頂き、その事もお伝えしつつ、
バトンタッチ作業終了しました。

作った人、使った人、これから使う人、
色々な思いを繋ぐ仕事ができて良かったなあとしみじみ。

また、こういう家具のバトンタッチができますように!

shop manager

2017-04-15 | Posted in 日記No Comments » 

Related Posts